安全な世界

地面も震えているけれど 私の心も震えている

起こるはずもないこと
想像もしないこと
変わらぬ安全な生活
そんなものは存在しないのだと
痛いほどに感じる

今朝まで笑いあっていた家族や友人 もう二度と逢えなくなっている人たち
家が波で流され 焼け落ち 全てを失うのを目の当たりにする人
よるべもなく 凍てつく夜に いつ来るかもしれぬ助けを待ち 不安だけを抱える人々
未だ倒壊した建物の中で 苦しみながら助けを待っている人もいることだろう
痛み 苦しみ 恐怖の中で 命を落としていった方々

画面を通じて、今は安全?な自室で思いを巡らす
ニュースを観れば観るほど、現実味が遠のいていく感覚もある

その姿は私であったかもしれない姿なのだ・・・
彼らは私の別の姿なのだ

決して自分は安全な場所にいて 良かったのだと思うことのないように
死が本当に身近なものなのだと 死と背中合わせに生きているのだと
私がそれを 胸の内に刻むことができるように

心を落ち着けて そして強くして 祈ろうと思う
[PR]
by asuka-urinara | 2011-03-12 02:29 | Ω Shantiな日々 Ω
← ブログトップ | << Dear friends in... カラマーゾフの兄弟より >>