今日から四月

我が家の桃と桜が 今年は一緒に開花した
最初は違ってたのに 今年は色まで同じ
仲がとてもいい

震災から三週間経った

様々なことを考えさせられる日々
東京から大阪に来たくださった友人たちと
嬉しく 楽しく 美しい時間を過ごしながらも
‘この’出来事を私はどうとらえてるんだろう?
何を感じ、何を考えてる??
未だ纏まらず 心はうろうろしている

私には‘問’の日々

自分の今の現実との距離感と被災地での現実そして原発
‘事’が大きい 大きすぎる
私の想像力の限界を超えている

悲しみ 痛み 苦しみ 憤り 怒り 不安 喪失感 無力感

ニュースの映像を観つつ様々な感情や思いが湧き出る
痛みや悲しみを感じて涙が止まらなくなる
悲しみ 痛み 苦しみ 憤り 怒り 不安 喪失感 無力感
間違いなく自分自身が持つ そういう感情や感覚が反応し動いている

でもそれは他者のことを、自分の事としてとらえるということではないのではないかと感じている

かの‘えーしー’というCMが不評だとか
「思いは見えないけれど 思いやりは見える」
「ほー」と思わせる言葉 思いを形に行動にということなのだろう
最初は、簡単な言葉でうまく表現するなと私も感じた
でも何度も何度も聞くうちに疑問がわいてきた

その‘思い’って 思いの根源はいったい何なのだろうと??

私の周りでも地震と共に自分の中のテーマが湧き上がり
人との関わりや自身のテーマに直面しているケースをたくさん目にする
かく云う私も例にもれない

「自分が今できることを」これも何度も耳にする

支援金を募金する 物資を送る 自分が行っちゃう どれも素晴らしい支援だと心から思う

でも私はどうしても立ち止まってしまう
自分の‘思い’の根源をどうしても探ってしまう

自分の真意を知りたい
 
今の風潮に流され何も考えず安易に行動したくない
十分に考えたいのだ こんな機会はこの時しかない
さて、私は何ができるのだろうか?

これは批判を受けること百も承知でのコメント
 
‘この地震に私は感謝をしている’

e0198777_1940747.jpg

[PR]
by asuka-urinara | 2011-04-01 08:30 | Ω Shantiな日々 Ω
← ブログトップ | << 千の光 儚い春の瞬き 常若と生... エサレン・ボディーワークのご案内 >>