15分

このところ私が好きな15分

朝の連続テレビ小説『花子とアン』
この15分

ドラマの中で繰り広げられる15分の物語は、
15分とはさにあらず、たくさんの時間がかけられ、
そしてもちろんのこと、脚本があり、視聴者をストーリーに引きつけられるよう、
様々に脚色、仕掛けがほどこされているのだけれども、

日常の自分の15分をドラマの一場面として見れるとしたら。

カメラがその瞬間を捉えようと、自分のためにまわっているとしたら。
後からそれを自分が見返すとしたら・・・
誰かがそれを物語として見るとしたら・・・

その15分をカメラがない状態と同じように過ごすことは難しいのだと思う。
きっとカメラがある状態というのは、自分を俯瞰し観察している状態と似ているように思う。

人生のすべてを録画することができて、それを観ることができるようになるとすごいな。
もしそうなったら、あなたは観ますか?観ませんか?

けれどそんなに遠くない将来。できるようになるかもしれないな。
そんなどうでもいいような妄想。
その妄想にカメラがフォーカス。「teke1 “Action”!」
あ~妄想や思考がすぐさま映像化・・とか・・
およ~その映像は観るのは怖すぎるな。。。

スミマセン。
飛びすぎました。

今私は連ドラだけではなく、
“15”分が気に入っているという話と、
15分ってけっこうな事ができるということを実感しているという内容を、書きたかったのに、
あらぬ方向へ。。。
そう5分でもなく、10分でもなく、15分がお気に入りなのです。

e0198777_135613.jpg

6年ぶりの再会 もう出会うことはないと思っていた腕時計 断捨離ってすごいな
再会できて 本当に嬉しい 秋には深緑色に衣替え
カメラを前にくつろぎポーズ。。
[PR]
by asuka-urinara | 2014-06-27 07:27 | Ω Shantiな日々 Ω
← ブログトップ | << 涼やかな時間 たくさんの ごぶさた >>