会津から

e0198777_10141968.jpg

福島会津若松に住む友人から、素敵な贈り物が届きました。

はちみつ♡ いっぱい!アカシア、百科蜜、栃、ユリの木

彼女は磐梯養蜂場でこの春、蜂蜜と蜜蝋の収穫のお仕事をされていました。朝4時起きで。
写真の四角い箱が蜂のお家。
でも作業中は蜂に刺されることもあったらしく、その痛みは倒れそうなほどだと。。
そんな大変な作業の結晶をお送りくださって、本当にありがたい。
e0198777_10144418.jpg

蜂が一人が一生で集める蜜は、ティースプーン1杯とのこと。心して頂かねばなりません。
そのことを知るまで私は、朝食の豆乳ヨーグルトにわんさと使っていました。
まるで、キツイ年貢の取り立てをする、悪大名のよう。。反省。。
けれど心無い人は他にもいるようで、その蜂蜜を盗む人もいるのだとそうな。悲しいですね。

今回彼女からそんな話を聞かせていただいて、
その食べ物がどういう風に生まれ、どれだけの人を手を通り、自分の手元に届くのかということを実感いたしました。
頭では解っていても、解っていないものですね。
実感って大切。

会津若松地方では栃が有名で、一般的なアカシアよりも味が濃いのだそうです。
友達は百科蜜は少し苦手のようで、なんと!お顔のパックに使っているそうです。贅沢なお手入れですね。
ユリの木の蜜は市販されている地域も少なく、福島県内では磐梯養蜂場だけなんですって!
そんな貴重なはちみつの数々。
もったいなくって、まだご相伴させて頂いていません。
これはぜひとも、お友達やお食事セッション、乙女レッスンセミナーの際皆さんにお出し、シェアしたいと思っています。

この福島県の友人はキャンドル作家さんで、こちらの蜜蝋を使ってキャンドルを作られています。
◇過去の記事
◇轡田ろうそく工芸HP

Mちゃん本当にありがとうございました。
関西のみんなで、大切にいただきますね。
[PR]
by asuka-urinara | 2014-08-07 08:07 | Ω Shantiな日々 Ω
← ブログトップ | << 菌 きん キン Transformation ... >>