断捨離が私にもたらしたもの 1

e0198777_1756238.jpg

今宵中秋の名月。
雲が風に掃われて、大阪では餅つきウサギが、優しい光の中で、ぽっかり夜空に浮かんでいます。
今日はいつもの日々より、夜空を見上げる人が、ずっとたくさんたくさんいるのでしょうね。
知らないたくさんの誰かさんと同じものを見ている。
そうやって心の目を広げたとき、遠いけれど濃縮した距離を感じます。
不思議の感覚が胸いっぱいになって、内側がとても温かくなります。

この春、
今までの道のりと、これからの行く先と、‘今’をクリアにするために断捨離&大掃除をしました。
私の手が息が、かからないところがないように隅から隅まで。

始めは整理と掃除だけの行為でしたが、
進めるうち気が付いたときには、思いもよらない展開で、驚きの連続でした。
その行為の中で、私が体験したこと、観たもの、もたらしたものは全て、
それは¨愛の行い¨に繋がるというものでした。

縁あって私と暮らしを共にすることになった様々な物たち。
家の中のいろいろなパートごと・引出・収納にある、ありとあらゆる物を手に取り、

それがどんな風に生まれ、私とどのように出会い、今までどんな関わりだったのか、
どのように扱ってきたのか、その物と過ごした時間。
その物が私にもたらしたもの、そして私に与えてくれたもの、
色んな視点で“物”は私に語り、心の在りようを教えてくれました。

生きているとか、生きていないとか、そんな境界線もなく。
物も人も場所も時間も心も身体も・・・全て。
それらには違いがないのだと。
思い返せば子どもの頃は、それを知っていたことも思い出しました。

そして今。
隅っこに残っている、今出来うる限りの心の断捨離を、素敵な形にすることを思いついて、
年内に完成させようと思っています。

断捨離が私にもたらしたもの。
今日は全体をざっくりとでした。
次回はこまごまとしたお話を書こうかな。

それではみな様、素敵な秋の夜をお過ごしください。
[PR]
by asuka-urinara | 2014-09-08 19:11 | Ω Shantiな日々 Ω
← ブログトップ | << ~うたたね演奏会~ 一足先のご案内 気功とランチとお話と >>