蒼氓

未来は前にあるように感じるのに、
12月の声を聴くと、
何故か・・時間を背後に感じます。
この月はどこか、特別なものを人に感じさせるのでしょうね。

20年ほど前に某カード会社のCMソング山下達郎さんの“蒼氓”
この歌の意味が、ようやく解る年齢になってきました。

e0198777_1034228.jpg

遠く翳る空から たそがれが舞い降りる
ちっぽけな街に生まれ 人混みの中を生きる
数知れぬ人々の魂に届く様に

凍りついた夜には ささやかな愛の歌を
吹きすさんだ風に怯え くじけそうな心へと
泣かないで この道は未来へと続いている

限りない命のすきまをやさしさは流れて行くもの
生き続ける事の意味 誰よりも待ち望んでいたい

さみしさは琥珀となり ひそやかに輝き出す

憧れや名誉はいらない 華やかな夢も欲しくない
生き続ける事の意味 それだけを待ち望んでいたい
To find out the truth of life

たそがれが降りて来る 歌声が聴こえて来る…

[PR]
by asuka-urinara | 2014-12-03 10:32 | Ω Shantiな日々 Ω
← ブログトップ | << 自分由来 ヨガとの出逢い その2 >>