2017 新春書初め大会 in Shanti salon

e0198777_10581956.jpg


新年あけましておめでとうございます

ひと時 ひと時 この瞬間に秘められた 永遠の瞬き

その中に広がる小さな煌きを

溢れる優しさで はぐくんでゆけますように

みなさまの一年が慈しみに満ちたものとなりますように

本年もどうぞよろしくお願いいたします


∞∞ 書初め大会のご案内 ∞∞
日 時 : 2017年1月8日(日)10:00~夜 & 9日(月)10:00~夜 roll in・roll outスタイル (好きな時に来て 好きな時に帰る)
会 場 : Shanti salon (京阪線 野江駅もしくは、地下鉄 鶴見緑地線 蒲生四丁目駅 約徒歩10分 詳しくは申込時にお伝えいたします)
会 費 : お一人様 500縁&持ち寄り1品
申 込 : 参加表明は前日までor当日でもOK *携帯・PCアド *ライン *FBメンセンジャー等 ご連絡なさりやすいツールからで結構です
     お友達やご家族の方 Shanti salonが初めての方も大歓迎です
お問合せ : shanti.selfcaresalon@gmail.com (Shan)

[PR]
# by asuka-urinara | 2017-01-02 11:37 | Ω イベント Ω

feelings floating on water surface

e0198777_714754.jpg


ひらりと ほころんだ

水面に浮かぶ 花びらのその向こう 貴方の瞳の奥にひそむ想いを映す水鏡

映されたこころを はかろうとしてみても

傍らにいて遠い場所

風はあなたに味方して 浮かぶ水と花びらは 戯れるばかり

わたしは風にも水にも花びらにもなれなくて 憂うこころの取り繕い方もしらなくて

行く先を失った哀れなこころを 花の筏にそっと浮かべて

狂おしいほどに舞い散る 花の吹雪を浴びながら

一人佇んでいた

[PR]
# by asuka-urinara | 2016-04-15 08:05 | Ω Shantiな日々 Ω

・・バイオグラフィーに学ぶ・・ 講座のご案内

e0198777_15163098.jpg


~人生を読みとき 豊な日々をおくるためのライフ・レッスン~

あなたは、日々の生活において、人生全体を感じ見つめる時間をもっていますか?
人生そのものが携えている意味や時間性について、考えてみたことはあるでしょうか?

今一度、自分の歩み全体を、過去・現在・未来について広い視野でみつめ、
自らの手で、人生に新たな息吹を呼び覚ます学びを、この講座から初めてみませんか?

バイオグラフィーとは、個人の人生・伝記という意味があります。


「バイオグラフィーに学ぶ」 では、

“人生”それ自体が表すもの・流れについて、そして各年代ごとの特徴やテーマを学び、
人生の普遍的な性質に触れながら、自分の人生を読み解きます。

人生を軽やかに歩むヒントが、この講座には散りばめられています。

自分の人生の歩みを肯定的にみつめ、人生を歩む力・生きる力を育てる必要がありますが、
各月のワークを深めてゆくと、
“今の自分に必要なこと”に、気づき続ける感性が養われ、人生を歩む基礎力が育まれます。
自身の人生が、大きな流れの一部であることに、ワークを重ねるごとに気がついてゆくことでしょう。

❖講座日程・詳細❖
〇 講座日程 (全日曜) 5月15日/6月12日/7月17日/8月21日/9月11日/10月9日/11月13日/12月18日/1月・2月(参加者内で調整)
(※10回連続講座) 募集期日:5月8日(日)まで 
〇 講座の時間:10:00~15:00(昼食、休憩時間含む)/お茶の時間:15:30~16:30(お茶+デザートプレート1,000円希望者のみ・前日までの予約)
〇 場所:Shanti salon (京阪 野江駅徒歩5分 詳しい場所は追ってご連絡いたします)
〇 講習費:各回 5,000円+諸経費500円
〇 持ち物:筆記用具、昼食、クレヨン(シュットクマー・ブロッククレヨン)、パステル (画材をお持ちでない方は初回に紹介いたします)
〇 申込み・問合せ: 氏名、年齢、携帯番号、メールアドレス、をお知らせください。上野/ueno-h@muj.biglobe.ne.jp 葉山/shanti.selfcaresalon@gmail.com


e0198777_21103917.jpg


サポーティスト❖ 上野 浩子 ❖
現在の活動:2013年~『目覚めて生きる為のアートワーク・ライフレッスン/ヒューマントレーニング』を開講し、
        自分を見つめ、精神的な自己成長の為の学びの場を作っている。
 来 歴  :2004年より自分自身に向かう内面の学びを始める。民間の心理カウンセラー養成講座、アートセラピー講座、
        ゲシュタルト療法講座・ワーク、交流分析を学び、2007年から人智学系 Dr.ハウシュカ理論ベースのアートセラピストによる、
        オリジナルトレーニングコースで学びを続け現在に至る。
        バイオグラフィー・ワークは、トレーニングコースの中で数回に亘り学びを深める。
        自身の講座の中でも取り入れ、昨年は某イベントで”人生map”と題した講座のファシリテーターとして参加。

オーガナイザー❖ 葉山 紗智恵 ❖ Shanti salon主催
プロフィール  Shanti salon HP

❖講座の詳しい内容❖はコチラ↓↓

❖内容❖
*全体のワーク : 先人のバイオグラフィーと自分のバイオグラフィーから今自分に必要なことを学ぶ(個人での発表・シェアがあります)
*各月のワーク : 各年代の学びをテーマに、自分に必要なことを見出していきます
・・4月 普遍的な人生の流れの説明
・・5月 テーマ:身体(肉体)
・・6月 テーマ:AM 美・PM 真実(本質)・・7月 テーマ:関係性
・・8月 テーマ:問い
・・9月 テーマ:葛藤・創造・本質
・・10月・11月 発表、シェア(参加人数 4名の場合)
・・12月 まとめ
(各月のワーク内容は変更される場合があります)
講座はアートを用いて進めてまいります。アートワークを通して知識ではない体験を、自分に落としていくことができます。

❖講座で学べること❖
・・人生の各年代の学ぶ課題について
・・人生のターニングポイント・転換点を知ることができる
・・人生に起こる出来事にはどういう意味があるのかが理解できる

❖どのように自分の人生で活かし役立てられるか❖
・・体験されたことは現在(いま)から活かされる
・・人生の歩みを肯定的に見つめ、歩む力、生きる力になる
・・現在の自分の立ち位置、自分に必要なことがわかる
・・人生が大きな流れの中の一部と捉えられるようになる
・・自分の周りの人々にも活かしていくことができる

[PR]
# by asuka-urinara | 2016-04-07 14:53 | Ω ワークショップ Ω

春色の宵に 浮かぶもの

e0198777_22411038.jpg


春分を迎え 風も光も 日を追うごとに春の濃さをましてゆきます

冬から春へ 夕刻から夜へ 曇りから雨へ 出会いと別れ 過去から未来へ 生から死へ・・etc

移ろいの時は 私たちに色々な作用をもたらします

こちら側から あちら側へ

そも・・変化とは 移ろいとは・・・

強さや明瞭さの差こそあれ 私たちは常に 変化の中にあり 変化とともにあるのだけれど

それを日々の中で 一日の中で 瞬くひと時ひと時の中で

つぶさに 悉に 余すところなく 触れていることができるならば

きっと 世界は一変して見えることだろう

一度でいいから いや 夢でもいいから そこに映る光景を目にしてみたいものだと

想い描けない思いを・・・浮かべて楽しむ 春色の宵でございます
[PR]
# by asuka-urinara | 2016-03-22 21:26 | Ω Shantiな日々 Ω

呪文を解く鍵

e0198777_045133.jpg

先日 日本腸美人コンシェルジュ協会にて
『野生酵母入門講座』~古代小麦ルヴァン・米粉カンパーニュ~
パン作りのパートを務めさせて頂きました

講座の企画&講師は日本腸美人コンシェルジュ協会代表の“あかざ えり”さん

テーマは “命をつなぐ”
古代エジプトより 連綿と受け継がれてきた天然酵母パンを
原初の 水と小麦だけでおこす“ルヴァン種”を用いて学ぶというもの

微生物の営みに触れながら 自分たちの手で酵母を育て パンを焼くこと
歴史の中で変化していった小麦について古代小麦について・・
そしてグルテンアレルギーに至った流れについても 学んで頂きました

命に触れ育てることの中から見えてくるもの
グルテンアレルギーや小麦について正しい知識を得ること
手法や技術を学ぶだけではない
参加者の方それぞれが ご自身で体験し考えてゆくことを提案する パンの歴史をさかのぼるこの講座は
他にはない唯一の内容ではないかと思っています

私が受けたミッションは
古代小麦と米粉を融合させた グルテンを意識する方にも取り入れやすく
初めての方でも 作りやすい 美味しいカンパーニュを生み出すこと

さまざまな配合で試作を重ねるなかで
米粉の持つ性質や 古代小麦の風味特徴など
知識では得られない発見がたくさんあり 貴重な体験をさせていただきました

そしてそのプロセスを通じ 自分が向かいたい先のビジョンが ほんのりと姿を現してきました

そも 私はなぜパンを焼くのか? なぜ発酵の魔法にかかってしまったのか?
酵母に パンに触れながら いつも思うことですが
その答えを解く呪文は もの言わぬ彼らのと対話のなかから 自ら見い出すしかないのかもしれません・・・
[PR]
# by asuka-urinara | 2016-02-25 00:45 | Ω shan パン Ω
← ブログトップ |