カテゴリ:Ω Shantiな日々 Ω( 117 )

楽しい 下ごしらえ

台風一過。
爽やかな青空が広がります。
いつも訊ねてくださり、ありがとうございます。

今朝はお世話になっている生活ヨガ研究所さんで“心のヨガ”初日。
7:00から参加してきました。
毎日家で一人で座る(瞑想)のは、なかなか続けるのは難しく、
こういう場所と機会を与えて頂いて本当に感謝。
月曜日の朝に、静かに心をまとめる時間があると、
一週間の在り方が、ぜんぜん違ってきます。
明日から一人でも続けようと、心新たにいたしました。

この晴れやかなお天気を、余すことなく楽しもうと、色々お仕事をしております。
今日、明日・明後日、明々後日・・・4日間Shantiに色んな方がお見えになるので、
食材をあれや、これやたくさん下ごしらえ。

e0198777_12291145.jpg


しめじとエノキは真っ直ぐな太陽を浴びています。日陰がすきなのに、なんだか可哀想な気もしますが・・・
ベランダに干しているのに、部屋まできのこの香りがやってきます。
そしてラタトゥユ、パンも3種類発酵待ち。
あと他色々準備の日。

昨日からパンを仕込んで、焼いて、仕込んで、焼いて。木曜まで。
パタパタと慌ただしいけれど、大好きな時間なのです。

爽やかに、穏やかに朝を迎えることの喜び。
小さいことを大切に、大切に。
[PR]
by asuka-urinara | 2014-08-11 12:32 | Ω Shantiな日々 Ω

見ている景色・・・見えてる景色

e0198777_22283797.jpg

厚い雲が抱えた雨に

流されなかったたくさんの人の 涙を、憂いを、想ってみる

荒れ狂う風に

時としてままならない 生きることの性を重ねてみる

どうですか?渦巻の上から見る私たちの姿は・・・

窓にはいっぱいの雨粒 逆さまの世界 いっぱい

雲と渦巻の その向こう側 瞼に写る景色は

洗い流されて 光を受けて輝く雫がいっぱい

e0198777_22421621.jpg

[PR]
by asuka-urinara | 2014-08-09 08:09 | Ω Shantiな日々 Ω

菌 きん キン

バゲット修行はひと段落。
いろいろ配合や、手順の工夫を重ねて、
安定したものを仕上げられるようになってきましたので、
今はカンパに取り組んでおります。
e0198777_10385394.jpg


バゲトがお好きな方はたくさんいらっしゃるのですが、
サンドにするならふわふわムッチリなカンパーニュの方が合っていて、
このところ天然酵母を使って、カンパのコソ練(こっそり練習)中でございます。
e0198777_1034255.jpg

バゲットはドライイーストを使いますが、125gの粉量ですと0.1g~0.2gと極々微量を使用。
それを20時間ほどゆっくり低温で熟成させるのですが、
イーストが微量&長時間なので、発酵の際使われる、粉に含まれる糖分を必要以上に消費しません。
ですので小麦粉本来の甘みが残り、粉の旨みを最大限引き出してくれるので、存分に粉の美味しさが味わえます。

カンパーニュは写真のものは天然酵母ですが、こちらも冷蔵庫を利用しながら、長時間熟成させますが、
粉の旨みよりも、酵母の香りと旨みが引き立ちます。
どちらが好みかは人それぞれ、そしてフィリングや料理、トッピングとの相性で変わってきますが、
私はその“菌”の働き、配合、温度と時間の関係が面白くてならないのです。

市販の天然酵母の扱い方を熟知したら、次は自分で酵母をおこし元ダネを作ることに進みます。
“菌”よ!
もっと私を楽しませてくだされ!
[PR]
by asuka-urinara | 2014-08-08 08:08 | Ω Shantiな日々 Ω

会津から

e0198777_10141968.jpg

福島会津若松に住む友人から、素敵な贈り物が届きました。

はちみつ♡ いっぱい!アカシア、百科蜜、栃、ユリの木

彼女は磐梯養蜂場でこの春、蜂蜜と蜜蝋の収穫のお仕事をされていました。朝4時起きで。
写真の四角い箱が蜂のお家。
でも作業中は蜂に刺されることもあったらしく、その痛みは倒れそうなほどだと。。
そんな大変な作業の結晶をお送りくださって、本当にありがたい。
e0198777_10144418.jpg

蜂が一人が一生で集める蜜は、ティースプーン1杯とのこと。心して頂かねばなりません。
そのことを知るまで私は、朝食の豆乳ヨーグルトにわんさと使っていました。
まるで、キツイ年貢の取り立てをする、悪大名のよう。。反省。。
けれど心無い人は他にもいるようで、その蜂蜜を盗む人もいるのだとそうな。悲しいですね。

今回彼女からそんな話を聞かせていただいて、
その食べ物がどういう風に生まれ、どれだけの人を手を通り、自分の手元に届くのかということを実感いたしました。
頭では解っていても、解っていないものですね。
実感って大切。

会津若松地方では栃が有名で、一般的なアカシアよりも味が濃いのだそうです。
友達は百科蜜は少し苦手のようで、なんと!お顔のパックに使っているそうです。贅沢なお手入れですね。
ユリの木の蜜は市販されている地域も少なく、福島県内では磐梯養蜂場だけなんですって!
そんな貴重なはちみつの数々。
もったいなくって、まだご相伴させて頂いていません。
これはぜひとも、お友達やお食事セッション、乙女レッスンセミナーの際皆さんにお出し、シェアしたいと思っています。

この福島県の友人はキャンドル作家さんで、こちらの蜜蝋を使ってキャンドルを作られています。
◇過去の記事
◇轡田ろうそく工芸HP

Mちゃん本当にありがとうございました。
関西のみんなで、大切にいただきますね。
[PR]
by asuka-urinara | 2014-08-07 08:07 | Ω Shantiな日々 Ω

Transformation game

e0198777_23145160.jpg


耳慣れない言葉。
トランスフォーメーション・ゲーム。

これは北スコットランドにある共同体フィンドホーンで生まれた、
魂のゲームとも呼ばれいている、いわゆる人生ゲーム。
人生ゲームと一言で言ってしまうには、余りにも奥深く。
人生の縮図をありありと、リアルに疑似体験できるものです。

ゲームを通して繰り広げられるプロセスは、一つ一つ、
どこをとっても、どこを切っても、金太郎飴のように、自分の姿が浮き彫りになります。
そのレアなゲームを一昨日、友人の広瀬麻奈さんのファシリテートのもと、繋がり深い友人三人と共に人生の‘今’を旅しておりました。

このゲームは先ず、心を静めグループメンバーと共に瞑想し、
その静けさの中から浮かび上がる、‘今’の人生の目的を定めるところから始まります。
誕生の瞬間を経験し、そこから起こる(起こす)様々な出来事から、一人一人の人生の物語が紡ぎ出されます。
様々なゲームプロセスの中で鍵となるのは、静けさに還り瞑想をすること。
赴くまま、流されるまま進んでゆくのではなく、一旦停止し深く自分の声に耳を傾ける時間。
その静けさからの声を大切にするのです。
疑似体験だけではなく、日常にも実際的に活用できるエクササイズもたくさん散りばめられています。

ゲームは遊びごころに溢れ、楽しい‘しかけ’がたくさんあります。
その中にも自分の選択、物事の捉え方、無意識に隠れた側面、人との関わり方、成長と後退、喜びと痛み、促される変化・変容のプロセス、
貢献と援助、偶然と必然、障壁と祝福、そして予期しない出来事とミラクル!

その様々な場面をゲームの中で体験することは、日常で起こる(起こりうる)様々な場面と重なります。
プロセスを歩む中で、自分自身のピュアな願望、
人生の目的に沿って生きてゆくこと、テーマの発見など、
喜びと豊かさのなかで、納得した人生を歩むためのヒント・チャンス・きっかけ・答えを得ることができるゲームなのです。

広瀬麻奈さんは、フィンドホーン共同体と日本を繋ぐリソース・パーソンとして、
日本の方々に、彼の地のエッセンスを届けるべく現在活動中。
フィンドホーンへのツアー企画&同行を通し、多くの方の変化の局面をサポートされています。

その彼女は現在、このトランスフォーメーション・ゲームのファシリテータートレーニング中で、
その一貫として今回このサロンで開催していただくことになりました。
トレーニング中とはいえ、麻奈さんは様々に心の学びを深めてこられていて洞察も深く、導き手・援助者としても成熟した精神をお持ちの方。
聴き取る力と語る力、プレーヤーの言葉に出来ない埋もれた思いを言語化するバランス感覚の良さは、本当に素晴らしいです。
11月にフィンドホーンでのトレーニングが終了し、認定を受けられるのが待たれます。

遠くないその先に、Shanti salonでもこのトランスフォーメーション・ゲームを企画いたします。
より多くの方に、人生の変容の感覚をこのゲームを通して体験して頂ければと思っています。
どうぞ心待ちにしていてくださいね。
[PR]
by asuka-urinara | 2014-08-06 08:06 | Ω Shantiな日々 Ω

丸いもの

ぽちっと 訊ねてくださりありがとうございます。

少し前ですが、東京に行った友人からこんなお土産をいただきました。

e0198777_20551692.jpg

包装紙とおりぼん。
レトロな感じがなんとも可愛らしい。
丁寧に包装され、リボンをかけられた様子が思い浮かぶお品です。
そういうのって、手に取って伝わるものですね。
受取る人を思い描きながら行う仕事。
いつの時も忘れずに、私もそういう仕事がしたいと思わせてくれました。

ドイツ菓子ですが、日本ほどメジャーではなく、
ドイツでは一般的な菓子店では扱っていないことが多く、珍しい種類の菓子なのだそう。

そういえば中学生の時、お菓子作りに精を出していた時、
バームクーヘンのようなものを作ろうと、
クレープ生地を何枚も何枚も焼いていました。
それは今思うと、ミルクレープなんですが・・・
しましま模様を作ってみたかったのです。

こうして、お菓子を作っていた遠い昔を思い出す。
こんな気持ちは久しぶりでした。
Iさんありがとうね。
[PR]
by asuka-urinara | 2014-08-02 21:10 | Ω Shantiな日々 Ω

赤色パワー

いつもこのブログを訪ねてくださり、ありがとうございます。
子どもたちは夏休みを迎え、
そして私達も今日から三連休。
夏色が日増しに濃くなりますね。皆さまはどのようなお休みを過ごされますか?

夏のお野菜たちも、暑さが増すと味が濃くなっていきますね。
余りに美しい色でしたので、記念撮影を。
特に赤のパワーは力があります。
内側にたっぷりと水分を蓄えて、とても新鮮な野菜たち。

e0198777_10555552.jpg


葉っぱまで‘ピン!’と瑞々しいプチトマトは、生でもすごくしっかりした甘さと酸味。
これは低温のオーブンでソフトドライにしました。夏の定番として必ず冷蔵庫にストックしています。
今日はこれを、お野菜のスープストックと豆乳ヨーグルトで、夏のひんやりスープを作ります。

ころころさいの目にカットした野菜たちは、水キムチに。
水キムチの乳酸菌は糠漬けの300倍くらいあるそうです。
この乳酸菌は生きたまま腸まで届くので、
お腹も、お肌もピカピカになります。
そして口当たりはひんやりとしていますが、発酵食品なので身体を冷やしません。

今日はあと、ニンジンのムース、自家製鳥ささみハム、ジェノベーゼソースのカッペリーニ、そしてレモンピールドレッシングのリーフサラダ。

今日セッションにおいでになる方は、日頃新鮮なお野菜が不足とのこと。
夏野菜の力で、潤って頂けるといいな。
[PR]
by asuka-urinara | 2014-07-19 11:05 | Ω Shantiな日々 Ω

満月の日の¨夢¨

e0198777_1946869.jpg


姉からのメール
「ねこ飼いたいっていってたから、送っといたよ。解凍してから育ててね。」

へっ?

暫くすると、
冷凍され、半解凍になった、あかちゃんチンチラが届く。

そのチンチラは、ものすごく安らかな顔で、
解凍されるのを待っている。

サロンではお食事を出すのに!
ねこさんを飼ってしまったら、仕事ができない!もう予約が入っているのに・・・
でもどんどん解凍は進んでいって、
頭の中では、可愛いチンチラとの生活の様子も思い浮かびつつ。。

いや。ダメだ。飼えない。
姉に連絡をして、このあかちゃんねこさんを送り返さなければ。
解凍は進むし、連絡は取れないし、
あたふた。あたふた。

夢の後。
深い夜のさなか。濃い藍色の部屋の中で、
冷凍ねこさんの残像と、
現実でなかったことへの安堵と、
ねこへの憧れが入り混じりながら、また眠りについた。

満月とはいざ知らず。
どうやら月が地球に近いスーパームーンだったようで。
引力の作用で私の無意識が活性化したのかも。
[PR]
by asuka-urinara | 2014-07-15 19:51 | Ω Shantiな日々 Ω

Abatjour

アバジュール
フランス語でランプシェードのこと
e0198777_17463276.jpg

ネットで照明を探しているとき
ズッキューン~~! ハートを射抜かれたランプシェードと出会いました
恋に落ちるかのように

画像を穴が開くほど眺めているうちに(笑) これって手作りよね・・昔のものだし・・・
作れない?

そしてアバジュールの教室を探しはじめ たどり着きました そして昨日そのクラスに参加してきました

e0198777_1738216.jpg


ひと針ひと針
ランプシェードを手縫いで自分が作っていることが 嬉しくて嬉しくて仕方なく
手仕事の喜びは 女性の遺伝子に組み込まれていることを実感する時間でした

日々のできごとを、徒然に思うことを 針を動かしながら集うクラスの方の姿は
ありし日の 手仕事で集う女性たちの姿を彷彿とさせるものがあり とても充実したひと時でした

Shanti salonでも女性の手仕事で集う時間を 近い将来形にしたいと思っています

次回は一か月後なのに 草々に宿題を終えてしまい。。はやく来月の日レッスンが来ないかと 今から待ち遠しい

手縫いのランプシェード 『Écume de Nuit』
[PR]
by asuka-urinara | 2014-07-10 17:47 | Ω Shantiな日々 Ω

私の先生

e0198777_22555760.jpg


新しく我が家にきたオーブン。
バゲットを焼きながらお付き合いの仕方が、ようやく少しつかめてきたところ。
リーン系のパンを焼くときは、蒸気を発生させて焼きますが、
以前は余熱の時にタルトストーンを敷き、最高温のオーブンの中にお湯をかけ、
オーブンの温度を下げないように、すばやく、すばやく。。
バゲット生地をオーブンに投入する時は、毎回スリリングな瞬間でしたが、

新しいオーブンはスチーム機能付き!
これで、クープもパカ!!っとひらいてくれると、最初にバゲットを焼いたときは、
焼ける様子をかぶりつきで見ておりましたが、
なかなかそう、思い通りにはいかないもので。。。

自分が思うイメージを思い浮かべながら、
上手くいかない原因を考え、少しずつ少しずつ、工夫と改良を重ねています。
そして生地作りから成型と焼成まで、その全ての時間と行為に寄り添います。

ただパンを焼いているだけのことなのに、
それだけではおさまらない、様々なものが見えてきます。
今はバゲットが私の先生。

今日は粉の種類が違う右と左。
お粉で全然お味が違います。

ランチは東京の友人と一緒に、
ベランダ菜園でニョキニョキ育ったバジルを使った、ジェノベーゼソースのカッペリーリ。
蒸し暑いランチにぴったりな一品でした。
[PR]
by asuka-urinara | 2014-07-07 23:27 | Ω Shantiな日々 Ω
← ブログトップ |