<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

呪文を解く鍵

e0198777_045133.jpg

先日 日本腸美人コンシェルジュ協会にて
『野生酵母入門講座』~古代小麦ルヴァン・米粉カンパーニュ~
パン作りのパートを務めさせて頂きました

講座の企画&講師は日本腸美人コンシェルジュ協会代表の“あかざ えり”さん

テーマは “命をつなぐ”
古代エジプトより 連綿と受け継がれてきた天然酵母パンを
原初の 水と小麦だけでおこす“ルヴァン種”を用いて学ぶというもの

微生物の営みに触れながら 自分たちの手で酵母を育て パンを焼くこと
歴史の中で変化していった小麦について古代小麦について・・
そしてグルテンアレルギーに至った流れについても 学んで頂きました

命に触れ育てることの中から見えてくるもの
グルテンアレルギーや小麦について正しい知識を得ること
手法や技術を学ぶだけではない
参加者の方それぞれが ご自身で体験し考えてゆくことを提案する パンの歴史をさかのぼるこの講座は
他にはない唯一の内容ではないかと思っています

私が受けたミッションは
古代小麦と米粉を融合させた グルテンを意識する方にも取り入れやすく
初めての方でも 作りやすい 美味しいカンパーニュを生み出すこと

さまざまな配合で試作を重ねるなかで
米粉の持つ性質や 古代小麦の風味特徴など
知識では得られない発見がたくさんあり 貴重な体験をさせていただきました

そしてそのプロセスを通じ 自分が向かいたい先のビジョンが ほんのりと姿を現してきました

そも 私はなぜパンを焼くのか? なぜ発酵の魔法にかかってしまったのか?
酵母に パンに触れながら いつも思うことですが
その答えを解く呪文は もの言わぬ彼らのと対話のなかから 自ら見い出すしかないのかもしれません・・・
[PR]
by asuka-urinara | 2016-02-25 00:45 | Ω shan パン Ω

友へ・・・

e0198777_199118.jpg


その小さな手は 
今までどれほどの人を癒してきたのだろう

その輝く瞳は 
どれだけたくさんの涙を受けとめてきたのだろう

その華奢なからだで
どれほど言葉にできない 思いを抱えてきたことだろう

その足が辿った道のりは あなたに何を想い起させるのだろう


どこまでも・・知り得ることはできないけれど

共にいて どこまでも笑いあうことは できそうな気がする


悠久の時の中に あまた溢れる人々の中に なぜか懐かしく・・

あなたがいてよかった

あなたに逢えてよかった
[PR]
by asuka-urinara | 2016-02-23 20:14 | Ω Shantiな日々 Ω

二等辺三角形のなぞ

e0198777_2346357.jpg


指で

自分の身体の大きさ位の 二等辺三角形を

空間に書いて

そこをくぐると

次元を行き来きできるんだよって 

教えてもらった

教えてくれたのは 蝶の夢の人とは違う人だった

けれど 二人とも同じ人物なんだ

あなたはいったい誰?
[PR]
by asuka-urinara | 2016-02-15 23:57 | Ω Shantiな日々 Ω

あいだが 好き

e0198777_1638284.jpg











  なんか こう・・ 実体と影 それが移る あいだ がね 好きなんです 


  被写体だけでなく 現象もね

  何をいっているか?? さっぱり?な人には さっぱり?で。。

  説明しなくてはワカラナイということは 説明してもワカラナイ (1Q84 より引用)

  そういう部類の感覚・・・  誰しも あることのように おもいます
[PR]
by asuka-urinara | 2016-02-12 16:36 | Ω Shantiな日々 Ω

部屋とこころのあり方

e0198777_12194747.jpg


これは 私について 思うこと

部屋のあり方と心というのは 繋がっていると感じます

サロンを運営しているので 多少の頻度の差はありますが
普通のおうちとは違い 色んな方がShanti salonを訪れます
ですから自ずと小まめに片付け お掃除も特に床はできるだけ毎日スイスイするようにしています

なので 訪れた方からは 「いつも綺麗ね!」と言っていただけるのですが
それは自分が綺麗好きだからではなく皆さんのお陰なのです

訪問の少ない時などは やはり 少しずつ 少しずつ キープできなくなって
あっという間に 散らかり 埃がたまります

そうして部屋の様子を 引いて眺めた時・・
自分の今の“こころの様子・癖”をうかがい知ることになります

汚いことに なんとなく慣れてしまっている“今”の状態や
先延ばしにしてしまうこと 程々にキープできないこと ほったらかしにしていることの共通点など
そんな在りようは 決して部屋の中だけに限る事ではないのだと 日常生活のあらゆる場面でもそうなのだと・・

自分の状態というのは 金太郎あめのように どんな場面・切り取り方をしても現れるものですが
こと 部屋に関しては それがハッキリと見て取れる・・
私に関しては そのように思うのです

お掃除はやり始める前は 腰が重いものですが
やり始めてしまえば どんどん軽くなります
そして 美しく部屋が整った時の あの何とも言えない達成感と清々しさは たとえようのない心もちにさせてくれます

悶々とした気持ちも 清々しさに溢れる気持ちも
やはり自分次第なのだということを
今日 お掃除をしながら あらためて感じました

ガンジーが設立した学校では“糸紡ぎ”をすることから始まります
その後 みんなで学ぶ部屋を掃除します
そして それから授業を始める と聞いたことがあります

それを知っていながら なかなか実践しないのもまた 私なのですが
清々しく 心静かに朝を始められるよう ガンジーの学校の生徒のように

瞑想から始め
ゆっくりとお茶と向き合い
それから部屋を美しく整え 朝を迎えることを 初めてみようと思います

“一日の計は朝にあり”

満たされた心で
朝を始め・・その一日を・・繋がる日々を・・ 豊に紡いでゆける・・
なんだか 楽しみになってきました
[PR]
by asuka-urinara | 2016-02-11 13:24 | Ω Shantiな日々 Ω

悩める ちから

e0198777_14163558.jpg


この最近 自分の精神的体力が落ちている・・と感じるシーンに出逢いました
それは出来事に対して 自分が対応できない・・気持ちについていけない・・どうすれば・・
ということではなく

"悩むちから"が 衰えていると

若い頃は たくさん 眠れます
それは 生命力のなせる業 蓄える力がある ということでもあると思うのですが

”悩む”ということも 年齢とともに 衰えるものだということを この最近知ることができました
無駄に考えるとか 意味なく思い悩むとか そういことは別にして

純粋にただ悩み そこに埋没できるのも 若さゆえ精神的体力があるからこそなのだということを
そう思うと 以前は ずいぶんと思い悩めたものだと・・体力あったのね・・と

渦中にいるときは
果てしれぬ 砂嵐の中にうずくまり 一歩が出せず
そこから抜け出せることなど 全く想い描けないものですが

悩みぬけたとき・・
その行為と事実は かならずその人の魂に刻印されるのだと感じます

ダカラ
悩めるうちは“花”だ
とも・・

経験から解決する道を得ていたり 上手くかわしてしまう術や 逃げ方 そこそこで放置する方法 ・・etc
それは培った智慧でもあるのだけれど

どこか・・
悩みに埋没できない自分を寂しく思うのは
私の性なのか
年齢の性なのか
衰えなのか

少しづつ色濃くなる 春の空気の中で
若さへの憧憬を抱きながら

歳を重ねても
豊に
悩める力を携えていたい

小さく膨らむ蕾を眺めながら そんなことを思うのでした
[PR]
by asuka-urinara | 2016-02-09 15:15 | Ω Shantiな日々 Ω

そのままにしておける ちから

e0198777_3372342.jpg


どうしようもない憤りや 醜い心に出逢うとき
耐え難い 悲しさや寂しさに埋もれてしまうとき

どうにかして都合の良いように ねじ曲げてみたり
慣れ親しんだ 逃げ道に入り込んで 目があるのにないふりをして

相容れない葛藤のはざまで ざわざわするこころを・・
ふがいなく わがままな か弱き儚いこころを・・

どうか
そのままにしておけますように

ちっぽけなかどわかしや なぐさめの言いわけや 不確かな不安というものにかられて
こころを 偽りで覆い隠すことのないように

どうか
そのままの姿を くもりなき眼で見つめていられますように

そして
自分の持つ力を 正しく使うことを 学べますように

[PR]
by asuka-urinara | 2016-02-05 07:00 | Ω Shantiな日々 Ω

夢のあしあと

e0198777_14504871.jpg


すずめが おびただしい数の群れが

飛んでくる

鳩が おびただしい数の鳩の群れが

飛んでくる

蝶が おびただしい数の蝶が

飛んでいる

あの人はなんでもなさそうに ゆっくり歩いて進んでいく

からだの あちこちに 張り付きそうになる 蝶をさけながら

あの人についてゆく

行き止まりには ふたつの時計があって

彼は 一つは十五分前に戻し

一つは三分進んでいるのを 元の時間に戻していた

もう大丈夫というように

ほんの少し首をかしげ 私を見つめた

振りかえると 蝶たちは 飛んでいってしまったようで

そこには彼らたちの残り香だけが 漂っていた

[PR]
by asuka-urinara | 2016-02-04 15:04 | Ω Shantiな日々 Ω
← ブログトップ |